exhibit

「タビサキニニテヒナルデサキ」

2016.3.21- webのみの展示

西脇に来てから、
これまで旅であったものが、
生活の延長にある出先のように感じられ、
そのスタンスと言うものでしかない、
旅と言う感覚の喪失と言うものがありました。
おそらくは自分はもう旅と言う一期一会よりも、
何度となく繰り返し見る中にしか、
自分の写真と言うものが、
出来なくなっているのではと。
また、そう言ったことを求めての、
西脇への移住であったのではと思います。
今回、知り合いの展示を観に、
岡山に行きがてら播州赤穂に泊まりました。
岩手にも。
また実家への帰省に東京に行き、
壁の展示の準備の為に大阪を訪ね、
それは全て用があり言った先で、
最早旅には思えないのです。
そしてそう言った感覚が、
自分に一番写真を撮らせてくれる様な、
そんな気がしています。

展示を振り返ってのエッセイ -
補足と感想と考察と雑記 >>

展示風景